思考停止に陥らない。

Posted on

介護の仕事に就く社員の35.2%は一年以内に離職。79.2%は三年以内に離職しています。

他の産業に比べても極めて高い数字です。

 

その要因の一つに、給与の低さや昇給の少なさにあることは間違いありません。

本当にそれが原因で、退職する方もいるのが事実です。

ですが、間違えてほしくないのは、給料の低さは「数ある離職する要因の一つ」に過ぎないということです。

 

極端な例を挙げますが、毎月手取りで50万稼げる仕事があるとします。

ですが、職場環境は以下の通りです。

●上司から嫌味を言われる。

●周りの職員同士の陰口が絶えない。

●上司が自分の頑張りを認めてくれない。褒めてもらったことがない。

●駄目な部分ばかりを指摘される。

●しんどい時、相談する相手がいない。

●休みが少なく、心身ともに休まる暇がない。

 

これを書いていて大分、自分も辞めたくなってきました(笑)

このような職場環境では、いくら給料が良くても続けていける人は稀でしょう。

 

「給料が安い」という一点だけに注目して、全ての原因をそれのせいにする

ような「思考停止」状態に陥らないことです。

 

ある統計によると、会社を辞めたい原因の第1位は人間関係だそうです。

人間関係からくる嫌な感情が、圧倒的に多いそうです。

 

特に私達は介護職は、人を相手にする職です。

ここで言う人というのは、利用者はもちろん一緒に働く職員のことも指しています。

【豊岡】

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × 3 =