舌は内臓の鏡

Posted on

時々こんなことを聞きます。

先日もテレビの健康番組でも見ました。

舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌表面の白っぽい付着物の

状態から体の異常を見分けることが出来ると。

・正常な舌

淡い紅色で白い絶対が薄く付いている

・気虚(ききょ)

全体に赤みが薄く白っぽい。

腫れぼったさがあると疲れやストレスがあると思われる。

・食積(しょくせき)

べったりと粘っこく舌苔が厚く付いている。

食べかすの様な舌苔は食べすぎや飲みすぎ。

・痰飲(たんいん)

舌が大きく腫れぼったい

舌に歯の後がギザギザについているのは余分な水分が溜まっているから。

・血お(けつお)

紫の斑点があり、全体が紫色っぽいのは血行が悪化している。

誰でも口腔ケアは大事ですが、特に高齢者の口腔ケアは健康に左右し、

肺炎にも成りかねない為、率先して口腔ケアに励みますが

舌にも留意し見守って行きたいと思います。

柴田


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − thirteen =