「縁」

Posted on

縁(黒文字)

  • 縁を大切にしなさい」

私のおじいちゃんが生きていたころ、よく口にしていた言葉です。

まだ幼かった私は、その意味がよく分かりませんでしたが、今はその意味が理解できるようになりました。

タネから、花が咲くためには「種だけの力」で可能でしょうか。

いいえ、タネだけでは育ちません。

床の上に、タネを置いているだけでは、いつまで経っても花開くことはありません。

まず、土が必要です。

水も必要です。

もちろん日光も欠かせません。

タネはタネだけでは育たず、そのほかの存在と交わりながらでないと、育ちません。

これを「縁」といいます。

縁とは「結びつく」「交わる」ということです。

出会いを、自分の中に取り入れるということです。

タネは、土と出会うことで、自分の環境を整えることができます。

水と出会うことで、成長することができます。

日光と出会うことで光合成ができ、さらに成長します。

時には大雨、大風という厄介な存在も必要でしょう。

大雨、大風を経験することで、しっかり根が伸び、雨や風にも負けない力強い根っこを持つようになります。

人が生きていくときにも、さまざまな出会いが必要なのです。

いえ、むしろ出会いがなければ、種と同じように、まったく育たないのです。

「縁を大切にして生きなさい」とは「出会いを大切にして、自分の中に取り入れて、吸収しなさい」ということです。

出会いを大切にしないと、あるところで成長は止まってしまいます。

タネはタネだけでは成長しないように、あなたもあなただけでは成長しないのです。

人間も、家族、恩師、友人、そのほかの数多くの人と出会うことで、大きく成長するのです。

時には、嫌いな人、苦手な人との出会いも必要です。

そうした出会いによって、あなたの精神的な免疫力が養われ、さらに強く生きていくことができるようになります。

すべての出会いに意味があり、自分のためになっているのです。

すべての出会いは、あなたにとって縁であり、栄養になっているのです。

 上記の文章はネットから引用した文ではありますがとても奥が深く印象に残る文章だと思いました。

私が勤めている「寄り合い処 おむすび」という施設の名前も「縁」からきているものだと入社した時に先輩から教わりました。

利用者様がおり、スタッフがおり、利用者様の家族様がおり、ケアマネージャーなどのたくさんの人と関わりながら働いてる環境なのだと改めて感じました。私達スタッフが利用者様にサービスを提供しているわけですが、逆に利用者様から教えていただく事も多々あります。そういった「縁」を感謝し仕事に励んでいければと思います。

 

杉本

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen + three =